賃貸事務所を選ぶときの重要ポイント|職場環境整備

オフィス

大阪で事業展開時に有効

大阪は国内でも商業地区に属する地域なので、ビジネス一等地だともいわれています。このような地域で拠点を設けたいと考える場合は、賃貸オフィスサービスを活用するのが良い手段です。

仕事をする場所を選ぶ

事務所

事業を始めたばかりの企業は資本金や備品購入資金をあまり備えていないケースが多いです。賃料にお金をかけてしまうと本来のコア業務に差し支える可能性がでてきます。そのような事態を避けるために活用されているのが、賃貸事務所のサービスなのです。賃貸事務所サービスを利用する場合はいくつかの、選定基準があるのでそれを覚えておくことが非常に重要になってくるのです。法人向けの不動産を選ぶ場合は大手不動産会社を選びがちですが、地域密着型の不動産も情報量に優れており、おすすめの手段だといえるでしょう。どちらにも共通していえるのは、1社に絞るのではなく複数を回って比べることが重要だといえます。なぜなら同じ物件でも仲介手数料がタダになることがあるからです。
また、賃貸事務所を選ぶ地区は同じような業界が集中する地区を選ぶと良いでしょう。関連する業界であれば発注から納品までの一連の仕組み近辺エリアのみで完結できるからです。業界エリアと合わせて最寄り駅から何分かかるかということも計測しておきましょう。このような細かいところを意識することで社員満足度向上や、お客様満足度の向上にもつながるのです。上記の2点に加えてビルのエントランス部分を確認しておくことも大切です。エントランスというのは会社の顔とも呼ばれる部分なので、セキュリティ面に強い方が良いといえます。そのためにはオートロックや管理人常駐、警備会社の有無などが必要となってくるのです。

男女

オフィス移転時のポイント

東京はビルの数やオフィスの数が多いので、オフィス移転を行なう企業が多いといえます。オフィス移転を行なう場合は長い準備としっかりとした情報が必要となるので、覚えておくと良いでしょう。

会議

ビジネスに最適な地区

秋葉原はアニメやゲームなどのサブカル文化が発展していることから多くの人が集まる地区だといえます。秋葉原で貸し会議室をレンタルして集客を行なえば、企業の情報発信もスムーズに行なうことが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加